cloverrose's blog

Python, Machine learning, Emacs, CI/CD, Webアプリなど

iOSアプリでやさしさゴシックを使う

アプリを作っていると、iOSで標準で使えるフォントだけではどうもしっくりこない場面が出てきます。

ググってみるとiOS3.2以降、カスタムフォントがサポートされたようで、アプリのリソースにttfファイルやotfファイルを追加して、
Supporting Files>MyAppName-Info.plistに"Fonts provided by application" -> ["fontname.ttf"]っていう関係を作れば、
"fontname"で参照できることがわかりました。

ここらへんは調べるとスクリーンショット付きの解説ブログがたくさんヒットします。(iOSアプリに独自フォントを組み込んで表示する | calmscape: //ソフトウェア開発部)

このブログの通りにしたらIPAフォントはうまく使うことが出来ました。

やさしさゴシックを同じ手順で使おうとしたら、fontnameってどれ?ってなって時間がかかりました。

アプリで参照するときは、
ファイル名から.ttfをとった"07やさしさゴシック"でも、
README内で使われていた"07 YasashisaGothic"でもなく、
"07YasashisaGothic"です!!

よくよくダウンロードしたやさしさゴシックのフォルダ構成を見ると、
その他/unix/07YasashisaGothic.ttfというファイルがあり、この名前を使えばいいってわかりました。

ちなみに、XCodeのリソースに追加するフォントファイルは、07やさしさゴシック.ttfでもOKです(でもunix以下にあったやつ使うけど)

まとめると調べてみつかる手順でフォントファイルの追加とInfo.plistの編集を行って、
参照するときは、こんな感じで書けばいい。

SKLabelNode *myLabel = [SKLabelNode labelNodeWithFontNamed:@"07YasashisaGothic"];